設計行脚設計行脚

2021.1.5

コロナ禍は「死の恐怖」から始まった。お寺の設計士としてできることは?(菅野)

2021.1.5

Category: 納骨堂

新年早々「首都圏の4人の知事が国に緊急事態宣言の発出を要請」のニュースが流れました。
昨年は新型コロナウィルスに翻弄された一年だったので・・・
国民の多くが「またか!」の重い空気に包まれたのではないでしょうか。

コロナ禍の一番の原因は「死への恐怖」です。
「もし感染して、志村けんのように急死したら・・・」
「自分は無症状でも、高齢者に感染させてしまったら・・・」

「しかし、こんな時こそ寄り添い、心の支えになるべきなのがお寺なのに・・・」
寺院建築の設計を手がける者として、無力感にさいなまれました。


そんな時、ふと、ふたつのシーンが蘇りました。

ひとつは・・・
以前、名古屋市内のお寺で、5階建ての書院・庫裡・位牌堂を新築しました。
与えられた敷地は25坪以下で日影規制も厳しかったので、
建築基準法をクリアするためのアイデアを絞り出しました。

そのアイデアとは・・・
円柱形の5階建てで最上階の屋根がドーム!というお寺らしからぬデザインでした。

1・2階は庫裡、3階に書院、4階に収納そして位牌堂は5階に配置しました。
完成した位牌堂はドーム屋根で、位牌壇は外壁に沿って同心円状に設けました。



完成後しばらくして・・・・
「"父は、こんな素敵な位牌堂にお祀りしてもらって、きっと幸せです”檀家から言われましたよ」と住職。


もうひとつは・・・
名古屋市内のお寺から納骨堂新築のマスタープランを依頼されました。
ある程度計画がまとまった段階で、総代会に参加しました。

スクリーンにパースを映しながら説明していると・・・
「こんなきれいな納骨堂なら、私も入りたいなあ。
お墓のように雨風にさらされないし、住職が読経してくれるんでしょう」と総代。



ひょっとしたら、私の設計が「死の恐怖」を少しだけ和らげているのかもしれない。
そう思い、ホッとしました。

記事一覧