設計行脚設計行脚

2021.4.6

横浜市の高野山真言宗 遍照寺で本堂耐震補強工事、格子パネルを現場に搬入!(長岡)

2021.4.6

Category: 耐震補強

横浜市の高野山真言宗 遍照寺で、本堂の耐震補強工事が進んでいます。

施工は、石川県能美市の松浦建設(株)にお願いしています。

 

壁を補強する「格子パネル」の加工状況を確認するため石川県へ。






格子パネルは、7.5㎝角・9㎝角の桧の角材を格子状に組み合わせて作ります。

パネルの数は65枚、各パネルに使用する角材は14本~30本・・・全部で 1544本

改めて数字にしてみると、相当な数の角材です。

ひとつひとつ、丁寧に加工、製作されていることを確認しました。

 

そして先月中旬、石川県から横浜市の現場へ、格子パネルが無事搬入されました。







本堂への参道の幅が限られているため、
一度、隣地の駐車場にパネルを降ろし、小型トラックに載せ換えて、何度も運びました。

ひとつひとつのパネルが重いので、トラックへの載せ換えも大変な作業です。

「よいしょ!」
掛け声をかけながら大工さんたちが作業を進めました。

取り付け作業は、今月中旬からの予定。工事は順調に進んでいます!

記事一覧