設計行脚設計行脚

2021.10.4

茨城県で和風住宅改修工事、マスタープランを終え、只今実施設計中!(長岡)

2021.10.4

Category: 古民家再生

茨城県で、和風住宅改修工事のマスタープランを依頼されました。

早速、新築時の設計図を見ながら、間取りを確認しました。

すると・・・
「あれ?壁の位置が455mmずれてる・・・」
「あ!そこは、工事中にもう少し広くしたくなって、ずらしてもらったんですよ」

新築時の設計図が残っていても、実測調査は欠かせません!
調査結果を元に、現況を図面化します。

 

次に、お客様ご夫婦から要望をお聞きしました。

「キッチンは、もう少し広くしたいね。収納もほしいし・・・」
「2階にもリビングがほしいね。将来的にキッチンを置けるようにもしたいね」
「間取りを変えない部分も、せっかくだから雰囲気を変えたいね・・・」

改修案をご提案し、方向性が定まってきた段階で内観パースを作成します。



△和室だった部分と、リビング・キッチンを一続きのLDK(30帖)とします。


△寝室は、ベットから庭が見えるように、窓の腰の高さを床から40㎝に設定します。
 

改修案・内観パース・概算工事費を積算し、マスタープランは終了しました。

現在は、設計監理契約を締結していただき、、、実施設計の真っ最中です!

記事一覧