納骨堂新築のすすめ納骨堂新築のすすめ

納骨堂新築のすすめ納骨堂新築のすすめ

納骨堂新築のメリットは・・・

離檀を防ぎ、檀家を増やす

  • 「1年で墓じまいが2軒ありました。一軒は合祀墓に入っていただきましたが、もう一軒は他のお寺の納骨堂をお求めになりました。早く納骨堂を造らないと、離檀される家が増えるのが心配で、新築することにしました」と住職。
    離檀を防ぎ、檀家を増やす離檀を防ぎ、檀家を増やす
  • 離檀を防ぎ、檀家を増やす離檀を防ぎ、檀家を増やす

※本文内容と掲載写真は関係ありません。

Check Point
納骨壇が足りていない

例えば名古屋市の主な寺院約850か寺の内、HPで納骨堂の存在を告知しているのは約40か寺。さらに、檀家以外も対象にした納骨堂をお持ちのお寺は約25か寺しかないようです。機械式の納骨堂が8施設、3万基程度あるとはいえ、とても名古屋市内113万世帯に見合った数ではありません。
また、納骨堂をお求めになった家は、檀家になる可能性が高いとお聞きします。

伽藍整備と運営資金の確保

  • 住職が納骨堂新築を希望。しかし、その採算を心配した総代会から試算を求められました。資料を作り説明すると・・・
    「これなら安心だ。檀家にとってもいい話だから、是非建てましょう」全員一致で新築が決まりました。
    伽藍整備と運営資金の確保伽藍整備と運営資金の確保
  • 伽藍整備と運営資金の確保伽藍整備と運営資金の確保

※本文内容と掲載写真は関係ありません。

Check Point
建設費と納骨壇使用料

最近東海地方では“納骨堂は他の建物と別棟で耐火構造、窓は防火戸、内装と納骨施設は不燃”を要求する県や市が増えてきたので、工事費がどうしても高くなります。そのため・・・
一段式の納骨壇が100基ゆったり入る納骨堂の床面積は約25坪なので、建設費用は消費税と設計料込みで3500万円程度必要です。しかし、一般的な使用料なら40基程度で納骨壇と建設費用を賄うことができます。

Check Point
営業許可のハードル

例えば名古屋市の営業許可に必要な近隣への説明は、敷地が接している土地の所有者と使用者です。ハードルが高いように思えますが、境内全体ではなく納骨堂の敷地が接している土地の所有者と使用者に限られます。納骨堂の営業許可のハードルは、お墓ほど高くありません。

菅野企画設計の納骨堂はここが違う

静謐な空間をデザイン。

納骨堂には、非日常を感じ、心静かになるデザインを心掛けています。
「こんな納骨堂なら、私も入りたい」
納骨壇の使用料とデザインには相関関係があるようです。弊社の調査では、安価で箱のようなデザインの納骨堂は、納骨壇の使用料も安いということがわかりました。

静謐な空間をデザイン。静謐な空間をデザイン。

納骨壇のレイアウト、
購入及び納入までお手伝い。

納骨壇を購入する仏具店を選び、カタログでデザインを決め、見積りをとった上でメーカーを選び、工事の進捗状況を見ながら採寸の日を決め、納品の日にちを指示する。「工事中の慌ただしい時に、法務の間を縫って・・・本当に面倒でしたよ」と住職。
菅野企画設計なら、納骨壇のレイアウトから据えつけまで行います。また、仏具店より安価にご購入いただけます。
※納骨壇は今のところ、大岩メタルワークス、UACJに限ります。

納骨壇のレイアウト、購入及び納入までお手伝い。納骨壇のレイアウト、購入及び納入までお手伝い。

納骨堂こぼれ話

納骨堂にカフェ感覚の茶所を隣接。

「せっかくお墓や納骨堂におみえになったのに、すぐに帰ってしまう方が多いのはとても残念です。」と三重県桑名市の照源寺では、納骨堂に隣接して茶所をお造りになりました。
「本当に造ってよかったと思います。お寺の応接間に通すよりリラックスされるのか、会話が弾むんですよ。納骨堂を検討されている方も、ここでコーヒーを飲むと・・・このお寺ならいいなあと、決断されることも多いですよ(笑)」は住職と奥様。

納骨堂にカフェ感覚の茶所を隣接。納骨堂にカフェ感覚の茶所を隣接。

街を楽しく彩る納骨堂の壁画。

愛知県一宮市の眞光禅寺の納骨堂は、人通りの多い道に面しています。シンプルな外観にタイル張りの設計でしたが・・・急遽、住職の決断で、京都在住の木村英輝さんに壁画をお願いしました。道沿いに足場をかけ、4人の画家が創作に当たりました。青い蓮、カエル、トンボが街並みに彩りを添えています。

街を楽しく彩る納骨堂の壁画。街を楽しく彩る納骨堂の壁画。

納骨堂完成ギャラリーへ