設計行脚設計行脚

2021.2.9

横浜事務所へ転勤して約一か月。もっともっと関東の皆様の身近な存在に!(川島)

2021.2.9

Category: トピックス

新型コロナ感染予防による移動自粛が続いています。

関東のお寺からの相談には必ず
「遠くて申し訳ありませんが・・・」
「こんな時に申し訳ありませんが・・・」お詫びが入るようになってしまいました。

「せっかく関東のお客様が増えているのに、こんな状態を続けるわけにはいかない。
横浜事務所を充実して、関東の皆様にとって、もっと身近かな存在にならなければ!」

所長の指示を受け・・・
1月15日に急遽、愛知県一宮市の本社から横浜事務所に転勤いたしました。

これで、横浜事務所は川島、長岡、才ノ元の3人体制に。
さらに、2月下旬に新しいオフィスへ移転し・・・
3月中旬には、もう一人メンバーが増え、菅野のデスクも設けます。

これから急ピッチで横浜事務所を充実し・・・
関東のお客様にも、よりスピーディーなご対応を可能にしていきます。

 



1/18(月)は、横浜市の高野山真言宗 遍照寺 本堂耐震改修工事の現場へ。
すると・・・
「境内のコンクリートブロック塀にひびが入っているんですが…」と不安そうな住職。

現地を確認すると・・・隣地の木の根に持ち上げられ、少し倒れたようです。

早速、長岡と状況を実測調査。
「直ぐに改修計画を考えて、ご報告します」

こんなスピーディな対応も、身近にいるからできること。うれしい限りです。

 



1/27(水)は栃木県の日蓮宗寺院で現地調査と打合せ。

設計も終盤に差し掛かり、既設の給水経路で不明なところが!

増築が繰り返されているため、給水管の経路は大変複雑なのです。
地元の水道業者に協力をしてもらい、なんとか解明することができました。

本社から出張していては、こんな作業も一泊になってしまいます。



 



 1/31(日)は、茨城県日立市の真宗高田派 覚念寺 本堂・客殿新築工事の起工式。

所長の菅野と参列しました。

工事は、競争見積もりの結果、本堂を石川県能美市の松浦建設(株)に、
客殿を地元の日立土木(株)にお願いします。

広いテントの中に椅子がゆったり並べられ・・・
建設委員の皆様も全員参列されました。

覚念寺客殿の工事監理は私が担当することになりました。気を引き締めて作業に当たります。




先日、千葉県の日蓮宗寺院と真言宗寺院の2ヶ寺から問い合わせがありました。
また、愛知県のお寺から、本堂新築と納骨堂新築のご相談を相次いで受けたそうです。

昨年11月下旬から1月中旬まで、問い合わせがほとんどなく、不安を覚えていましたが・・・・
少しづつ世の中が動きだした気がします。

菅野企画設計は元気です。
横浜事務所にも、より一層のご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

記事一覧