設計行脚設計行脚

2021.2.2

愛知県江南市の臨済宗 永正寺の集合墓建屋新築工事が順調に進んでいます(東松)

2021.2.2

Category: 納骨堂

愛知県江南市の臨済宗 永正寺の集合墓建屋新築工事が始まりました。

最近、弊社にも納骨堂新築のご相談が多く寄せられていますが・・・
永正寺では、屋根付きの集合墓、約2000基を造ることになりました。

実は、墓地の中に同じスタイルの集合墓約600基をお造りになったのですが・・・
残りがほとんどなくなってしまったため、新築を決意されました。





昨年末に地鎮式を行い、先月からいよいよ工事が始まりました。

最初に地縄の確認を行い、建物の位置と高さを確認しました。




次に、現場監督の遣り方に基づき、建物の配置と各通り芯の位置を実際に測り・・・
設計図と相違がないことをチェックしました。

その後、掘削工事に取り掛かり、先ずは支持地盤の確認。




事前のボーリング調査では、基礎底になるところに玉石混じりの強度の高い礫層があったので・・・
それを支持地盤にした直接基礎の設計にしました。

実際に基礎底の支持地盤まで掘削し・・・
ボーリング調査通りの地層に現れてることを目視で確認しました。

若干の地層の傾きはありましたが・・・
地盤改良の必要はなく、設計通りの直接基礎で工事を進めることになりました。

工事は順調に進んでいます。

記事一覧