設計行脚設計行脚

2020.12.22

静岡県静岡市の真宗大谷派 専念寺、鉄骨造客殿・庫裡新築工事の建て方完了(前嶋)

2020.12.22

Category: 客殿・庫裡新築

静岡県静岡市の真宗大谷派 専念寺客殿・庫裡を新築します。

客殿・庫裡は鉄骨造2階建て、床面積は約483㎡(146坪)。
施工は静岡市に本社を構える鈴与建設株式会社にお願いしています。


鉄骨造を採用したのは
・柱のスパンが6mに及ぶ客殿の2階に書院を乗せる間取りなので・・・
木造では充分な耐震性を得にくい。

・津波が予想される地域なので・・・
災害時の被害を抑え、避難場所にもなる。
といった理由です。

このように、お寺の要望や希望を叶えるため・・・
木造だけでなく、鉄骨造や鉄筋コンクリート造で設計できるところも弊社の強みです。

 

鉄骨造の場合、必ず工場へ足を運び、鉄骨の製品検査を行います。

今回は、地元の(株)河住工業所が鉄骨の加工を担当するので・・・
住職にも同行いただき、検査の様子を確認してもらいました。



↑溶接部分の検査 超音波探傷試験
 

製品が完成すると、いよいよ建て方開始。


連日、晴天が続いたため、現場の作業も順調に進みました。
 

約1週間で・・・建て方終了。



和風の屋根形状を鉄骨で組み立てる作業は複雑で難しく、知識と経験が必要です。

しかし、鉄骨工場の担当者が大変熱心に施工図面を描き、詳細な打合せを重ねたおかげで、設計通りの仕上がりになりました。

これで予定通り、年内にコンクリート打設まで終了できそうです。!!

記事一覧