設計行脚設計行脚

2021.3.30

静岡市の真宗大谷派 専念寺で客殿新築工事、受付カウンターに工夫を加えましょうか?(前嶋)

2021.3.30

Category: 客殿・庫裡新築

静岡市 真宗大谷派 専念寺の客殿・庫裡新築工事は、屋根や外壁工事がほぼ終了し造作工事が進められています。

月に2回は、お客様、監督、設計士が現場事務所に集まり、現場定例会議を行っていますが・・・
その中で
「客殿の玄関に造り付けの受付カウンターをお願いしましたが、移動できる方がいいのではと思い始めました。今からでも可能ですか?」と住職。

「4年前に完成した東光寺では、受付カウンターの下にフェルトを貼って移動できるようにしました。その他にもいろいろな工夫を取り入れ、喜んでいただいています。ご覧になりますか?」

早速、住職と東光寺を訪ねました。
東向寺は専念寺から車で15分程度の距離です。




玄関を開けると、正面にそのカウンターがあります。

受付カウンターはタイル張りの土間とフローリング張り床、両方から使いやすい高さに設定しました。
また、土間側に冊子が置けるスペースを設け、天板の一部を強化ガラスにしたので・・・
カウンターの上を広く使うことができます。




専念寺の受付カウンターは、シンプルな一枚板の予定でしたが・・・
「大変いいアイデアですね。うちも同様にできますか?」と住職。

「大丈夫!まだ間に合います」
ちょうど家具図面をチェックしているところなので、ご希望どおり実現できそうです。

工夫次第で、使い勝手は格段によくなります。
些細なことでも、何か気になることがあったらご相談ください。
菅野企画設計には数多くの実例がありますので、最適なアイデアを提案させていただきます!!

記事一覧