設計行脚設計行脚

2017.5.16

愛知県一宮市の古民家再生。鏝(こて)模様天井を残したい(植松)

2017.5.16

Category: 古民家再生

愛知県一宮市で、床面積約85坪 木造2階建ての古民家再生の設計が進んでいます。

お客様は50歳代のご夫婦とお母様。
1階にLDKとお母様の寝室、2階にご夫婦の寝室を設ける計画です。


「2階に以前、応接間として使っていた部屋があるんです。凝ったつくりなので、残したいんですが・・・」はお母様。

その部屋を見せていただくと・・・
天井は漆喰の鏝模様仕上げ、中央にはアールデコ風のシャンデリアメダリオン、廻り縁はゴールデンモールと、
今では貴重な職人技が息づくインテリアです。




しかし・・・広さが6帖程度で、ご夫婦の寝室には手狭です。

そこで・・・
「この部屋を階段室にしてはいかがでしょうか?格好いい階段室になりますよ!」とご提案しました。

実は・・・
「応接間が玄関脇にあるのに、階段も玄関ホールにあるでしょ。だから、急な来客があった時に、もし、寝間着に着替えていたら、お客様が帰るまで2階に行けないのよ。それに、階段が急で危ないの。位置を変えて、緩い階段にしてほしいわ」が奥様のご希望。

このアイデアなら、お母様と奥様のご希望を同時に叶えることができます!

早速、イメージパースを作成し、お見せしました。




「なるほど。部屋として残す必要はないし、これはいいかも!」とご夫婦。

「個性」のある家にしたい!ご夫婦のご希望通りの改修プランになりそうです。



『家づくり相談会を実施中。』
愛知県一宮市の本社へ足をお運びいただければ、HPでは公開していない実例写真や間取りもご覧いただけます。
 また、関西から関東まで広いエリアで、設計及び工事監理を進めておりますので、遠隔地でも日程が調整できれば、こちらからお伺いすることも可能です。お気軽にお電話ください。 0586-84-2003



 

記事一覧