設計行脚設計行脚

2021.10.12

名古屋市の真宗大谷派 道仁寺で納骨堂新築、建て方工事が始まりました(伊藤絵)

2021.10.12

Category: 納骨堂

名古屋市の真宗大谷派 道仁寺で納骨堂新築工事が進んでいます。
工事は地元の(株)鈴起建設にお願いします。

現場では、いよいよ建て方工事が始まりました!

朝8時に住職がお経をお唱えになったあと・・・
河合棟梁の「はじめるぞ!」の掛け声で一斉に作業が始まりました。


既に、基礎の上には土台が伏せてあるので、作業初めは柱立て。
大工さんたちがひょいひょいと運んで、柱を立てていきます。




柱が土台のほぞ穴に、気持ちよくはまって行きます。

一方、回廊部分の化粧柱は御影石製の「沓石」の上に立てるので、柱脚のほぞを現場にて手刻みします!!




夕方には屋根下地の垂木伏せまで終わりました。



予定では瓦の野地板まで完了の予定でしたが少々手間取り・・・翌日に持ち越しとなりました。

建て方完了後は、外壁のボード張りを進めます。
名古屋市では、納骨堂の外壁を耐火構造にする必要があるので、強化石膏ボードの二重張りが必要です。

記事一覧