設計行脚設計行脚

2022.9.13

茨城県古河市の真言宗豊山派 龍蔵院の本堂新築工事がスタート!まずは木材検査を(植松)

2022.9.13

Category: 本堂新築

茨城県古河市で、真言宗豊山派 龍蔵院の本堂新築工事が始まります。
施工は愛知県江南市の株式会社アイチケンにお願いします。

現場では、10月から解体工事がスタートする予定です。

それに先がけ…
昨年末より調達を進めていた木材が一通り揃ったとの連絡を受け、
木材を納入する江南市の株式会社 いちいまで住職・建設委員の皆様に足を運んでいただき、木材検査を行いました。




数日前にプレ検査を行い、問題のある木材は交換を指示してあります。

倉庫には質のいい木材が所狭しと並べられています。
「こんな大きい桧材見たことないよ!」
皆様感嘆の声を上げていらっしゃいました。

設計より太い材が用意されていることを知り…
「削るのはもったいないし…節が出る恐れもあるから設計図より太いまま使用しましょう」と菅野。
「それはより立派になって、うれしい!」と住職も喜んでくださいました。


 
木材が揃い、加工を始める前に・・・「原寸検査」を行います。
軒の反り、屋根の反り、破風の形状を原寸サイズで確認する作業です。

木工事は宮城県石巻市の株式会社 正匠社寺工務店が行います。
菅野、伊藤と共に工場を訪ねました。

アイチケンからは工事部長、現場監督が立ち会いました。

工場の2階の床いっぱいに書かれた軒、屋根、破風、すがる破風の原寸を確認し、
微調整を指示しました。




その後、棟梁や造り手たちと
柱や梁などの仕口、継ぎ手、補強金物取付などについて詳細な打合せを行い・・・工場を後にしました。

記事一覧