設計行脚設計行脚

2022.7.27

愛知県常滑市の真宗大谷派 法通寺の納骨堂新築工事が着々と進行中!(大江)

2022.7.27

Category: 納骨堂

愛知県常滑市の真宗大谷派 法通寺で納骨堂新築工事が着々と進んでいます。

先々代の住職が建てたという太子堂を解体撤去、その跡地に納骨堂を新築する計画をお聞きし・・・
「太子堂の塔屋はとてもいい建物なので、是非再利用しましょう」とご提案しました。

 



△建て方

大師堂の解体時に境内へ下ろし、仮置きしておいた塔屋をクレーンで屋根の上に乗せました。


△上棟式

建て方が終わり、屋根下地が完成した時点で、上棟式が厳修されました。
当日は、役員の皆様がお祝いに集まりました。

参列者全員が参加して【引綱の儀】が行われました。
棟梁の掛け声に合わせ、紅白の綱で棟木を引き上げる所作を行いました。



△外装、屋根工事

外壁にサイディング、タイルを貼り、屋根に瓦が載ると、納骨堂の完成形が見えてきました。



△エッチングガラス

納骨堂の仏壇の窓に嵌めるエッチングガラスが納品されました。
このガラスの前にご本尊が立った光景を想像すると、ワクワクします。

 
今後は造作工事、外構工事に進みます。
最後まで気を引き締めて、工事監理に当たります。

記事一覧