設計行脚設計行脚

2022.4.19

京都府の浄土宗寺院で庫裡耐震改修工事が完成間近!現場の進行状況を確認(鈴木)

2022.4.19

Category: 耐震補強

京都府の浄土宗寺院の庫裡耐震改修工事が大詰めです!
工事は、滋賀県甲賀市の(株)片岡工務店にお願いしました。

一昨年の夏にマスタープランの依頼を受けてから約1年と半年。

現場では内装工事の真っ最中!
お客さまの選んだクロスが各部屋の壁や天井に貼られていきます。


今回の改修工事の主な内容は・・・

① 耐震補強
  既存の土壁など構造体は活かしつつ、必要な位置に新しい柱や梁を追加し、
  筋かいや構造用合板による補強で、耐震力を確保しました。



△古材と新材が混在する様子。

設計図は複雑でしたが・・・
現場の状況を把握して采配を振るってくれた工事監督、
手間を惜しまず作業を進めてくれた大工さん始め職人さんたちに感謝!



△基礎も補強しました。

② 断熱補強
 外壁は外張り断熱、天井や屋根部分にも断熱材を充填し、快適な住環境を整えました。



△天井に敷き詰められた断熱材
 

③ 間取りの変更
 耐震力を高めると同時に、LDKは約28畳の広さを確保しました。 
 新しく組み入れた補強梁をインテリアに活かし、屋根の勾配を利用した斜め天井には杉板を張りました。
南側の窓から明るい光が差し込みます。



△LDKの様子
 

この日は、電気業者がコンセントひとつひとつの通電を確かめていました。


 

これから、家具工事や外構工事がラストスパートに入ります。
完成が楽しみです!

記事一覧