設計行脚設計行脚

2022.3.29

愛知県常滑市の真宗大谷派 法通寺で納骨堂新築工事の起工式が厳修されました(前嶋)

2022.3.29

Category: 納骨堂

愛知県常滑市の真宗大谷派 法通寺で納骨堂新築工事の起工式が厳修されました。

当日は晴天に恵まれ、建設委員の皆様と工事関係者が参集しました。
工事は、競争見積もりの結果、滋賀県甲賀市の(株)片岡工務店にお願いします。




納骨堂新築工事は旧太子堂の建替工事も兼ねているので・・・
納骨堂の中央には聖徳太子像をお祀りします。

今回、弊社が強く提案したのが、旧太子堂の屋根及び九輪塔の再利用です。
この提案に対して
「工事費は高くなりまが、是非実現したいと思います」と住職。



↑旧太子堂


境内には、丁寧に地上へ降ろされた屋根が仮置きされています。




長年、風雨に耐えてきた屋根ですが・・・
調査の結果 、少しの補修で再利用できることがわかり、一安心。

新しい納骨堂に、この屋根が乗ることを想像するとワクワクしてきます。

さあ、いよいよ、工事がはじまります。

記事一覧