設計行脚設計行脚

2021.7.6

東京都内のお寺で本堂・書院・離れの耐震改修工事、詳細な設計がスタート(長岡)

2021.7.6

Category: 耐震補強

東京都内のお寺で、本堂・書院・離れ耐震改修工事の設計がスタートします。

調査に伺ったのは、今年の4月末~5月にかけて。
棟数が多かったため、何度も調査に伺いました。

 

現況調査は、地上班と小屋裏・床下班の2チームに分かれて作業を進めます。

地上班は・・・
間取り・柱の倒れ・床の不陸・天井までの断面詳細 を調査します。



△床の不陸調査

小屋裏・床下班は・・・
小屋裏と床下の構造と断面詳細を調査します



△小屋裏の調査

各チーム2名ずつ、計4名で調査を進めました。

 

調査で得られたデータを事務所で図面にまとめ、
調査結果をもとに構造計算、耐震診断・・・そして、補強案の作成に進みました。

使い勝手が悪くならないように、補強要素の荒壁パネルや格子壁等の配置を考えながら、

補強案→計算→補強案→計算→・・・

この作業を繰り返し、最適な補強案を組み立てていきました。



△報告書

補強案がまとまったので・・・
現況調査及び耐震診断の結果とともに「耐震診断報告書」にまとめ、報告に伺いました。

今後は、ご提案した補強案を元に、住職や寺族の皆様から各部屋の使い方や要望をより詳しくヒアリングし、
間取りの修正やデザインの変更を重ねていきます。

新たな疑問が湧いた場合には、再度、詳細な調査を行いながら、設計を進めていきます!

記事一覧