設計行脚設計行脚

2022.10.25

目に見えてお問い合わせが増えています。伽藍整備の『マスタープラン』とは?(川島)

2022.10.25

Category: 本堂新築

全国旅行支援も始まり、経済活動や人の動きが徐々にコロナ禍前に戻ってきたようです。

菅野企画設計にも、目に見えてお問い合わせが増えており、嬉しい限りです。

関東事務所でも、伽藍整備のマスタープランや本堂の耐震診断など、相次いでご依頼を受け、
現地調査、作図と忙しい毎日を送っております!



△現地調査の様子
 

お問い合わせをいただいてからマスタープランの完成までをご説明します。


①お客様から電話やメールでお問い合わせを受けると
 


 

②電話またはメールでご連絡し、相談内容を詳しくお聞きします。
『現地で話を聞かせてほしい』がご希望でしたら、日程調整をしてお伺いします。

 

↓ 

③対面でお客様の希望や想い、計画の進行状況などをお聞きしながら、
法律、工事費、募財方法、最近の傾向など、具体的な質問にお答えします。

また、できる限りお客様のお考えに近い実例をiPadでお見せします。


 

④「菅野企画設計なら面白い提案をしてくれそうだ!」
そう思っていただけたら『マスタープラン』をご依頼ください。

◆お寺のマスタープラン◆

『マスタープラン』とは…
⑤先ず、既設伽藍の現況調査を行います。


お寺では、伽藍同士のつながり方が使いやすさや管理のしやすさ、
同時に美しさにとってとても大切だからです。




➅お客様の要望に耳を傾けながらアイデアを練ります。
打ち合わせを重ねながら、法律にも配慮して間取りを詰めます。




⑦外観やインテリアのデザインを詰めます。
PCや手書きでパース(透視図)を描き、お客様に理解しやすい方法で打ち合わせを進めます。





⑧屋根、外壁、室内の仕上げを決め、工事費の概算を算出します。
もちろん、予算に納まるような仕上げをご提案します。



もし必要なら、役員や檀家の皆様にも、プロジェクターを使ってマスタープランを丁寧に説明します。



尚、工事に向けて設計を進めることになった場合は、設計監理契約を締結していただくことになりますが…
マスタープランの費用は、設計監理料に充当しますので、無駄にはなりません。

『マスタープラン』が完成する期間は、お客様によってまちまちですが3ヶ月~6ヶ月とお考え下さい。



声をかけると、直ぐに費用が発生するのでは?
間取りを考えてもらうと、工事に向けた本格的な設計が始まってしまうのでは?

ご心配はいりません。気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合せ (sugano-k.com)

 

記事一覧