設計行脚設計行脚

2022.7.19

愛知県江南市の臨済宗 永正寺本堂新築工事、巨大な松の丸太の加工が進行中!(東松)

2022.7.19

Category: 本堂新築

愛知県江南市の臨済宗 永正寺本堂・位牌堂新築工事が順調に進んでいます。
現場では、いよいよ本堂の新築工事に取り掛かりました。

工事は、地元江南市の株式会社アイチケンにお願いします。




現在、基礎工事の真っ最中。
連日の酷暑の中、鉄筋工が作業を進めています。

8月中旬には鉄筋コンクリート造の基礎が完成する予定です。


一方工場では、大工たちが建て方に向け、刻みの真っ最中。
巨大な松の小屋丸太の刻みも進んでいます。

この丸太は天井から姿を現すので、本堂の見どころのひとつでもあります。



丸太は全て日本の松で、一番太いものは末口で直径550mm以上、長さは約13m!です。
一堂に並んだ様子は壮観で、大工たちが小さく見えます。

アイチケンの広い新工場で、仮組をしながらの慎重な作業が進められています。




丸太の刻みを全て終えたところで再度仮組。
継ぎ手の確認をしてから、小屋束、二段梁、母屋等の加工に取り掛かる予定です。

8月下旬の建て方に向けて、大工たちの作業も順調に進んでいます。

記事一覧