設計行脚設計行脚

2021.12.18

【住宅紹介】玄関と客間は品格のある格天井 四世代が同居する和風二世帯住宅

2021.12.18

Category: 和風住宅

神奈川県
■木造二階建て
■延床面積/272.40㎡(約82坪)
お客様は60歳代ご夫婦と30歳代のご長男夫婦。
4世代が一緒に住む二世帯住宅です。

伝統的な和風住宅が設計できる弊社の能力を評価して、設計を依頼していくださいました。
間取りは、1階が長男夫婦の部屋、2階に親夫婦とお母様の部屋を配置しました。
玄関は共通ですが、台所やお風呂は別々。ホームエレベーターも設けました。
客間と玄関は伝統的な和風にこだわりました。
日本の木をふんだんに使い、親世帯、長男世帯それぞれが快適に暮らせる家になりました。

玄関の天井は格天井、床は桧板、正面に壁を円形に穿った床の間が見えます。 欄間は杉の中杢板です。
玄関の天井は格天井、床は桧板、正面に壁を円形に穿った床の間が見えます。 欄間は杉の中杢板です。

玄関付きの和室の障子を閉めた様子。
玄関付きの和室の障子を閉めた様子。



和室の引き戸脇に杉の柾板を嵌め、オリジナルデザインの龍の透かしを入れました。
和室の引き戸脇に杉の柾板を嵌め、オリジナルデザインの龍の透かしを入れました。

12畳の客間は、格の高い格天井です。
12畳の客間は、格の高い格天井です。

家族が一緒に食事をする25帖のLDKです。
家族が一緒に食事をする25帖のLDKです。

引き戸を閉めると、15帖のDKと10帖の居間に仕切ることができます。
引き戸を閉めると、15帖のDKと10帖の居間に仕切ることができます。

2階は親夫婦のリビング。20帖の広さで天井は船底天井。松の小屋丸太をインテリアに活かしました。
2階は親夫婦のリビング。20帖の広さで天井は船底天井。松の小屋丸太をインテリアに活かしました。

車イスも通れる幅1.4mの引き戸。お客様がお好きだという椿をエッチングガラスにして、はめ込みました。
車イスも通れる幅1.4mの引き戸。お客様がお好きだという椿をエッチングガラスにして、はめ込みました。
 

記事一覧