設計行脚設計行脚

2021.5.25

有料でも、菅野企画設計に耐震診断を依頼するメリットは?(福田)

2021.5.25

Category: 耐震補強

春になり、木造建築の耐震診断調査が増えてます!
4月からすでに3件の調査を行い、6月も1件控えてます。

菅野企画設計の木造耐震診断は、有料です!
にもかかわらず、これまで、東は千葉県、西は山口県まで、全国から耐震診断の依頼を受けています。

さて、何十万円という金額を払ってでも、

菅野企画設計に耐震診断を依頼するメリット
とは?




古民家にお住まいの方で、行政が行う耐震診断を受けたら、
『倒壊の恐れがある』
と言われたことありませんか。

新築木造建築物の多くは、筋かいでがっちり固める『剛構造』です。
一方、古民家の耐震構造は、土壁の粘りで力を逃す『柔構造』

ところが、行政が無料で行う耐震診断は、
『剛構造』に適した計算方法です。

耐震診断で、
『倒壊の恐れがある』
という結果が出るのは当たり前と言えます。




では、古民家に適した計算方法とは?



それは、土壁・貫(ぬき)・足固め・差し鴨居を耐震力として評価する診断方法です。


限界耐力計算と呼ばれる方法です。

そして、弊社に依頼いただくと、
限界耐力計算による耐震診断
が可能です!


築100年以上の本堂や古民家の多くは、玉石の上に柱が立ち、壁は土壁です。

『剛構造』とするには、わざわざ土壁を壊し、新たに基礎を作って、筋かいを新設しなければなりません。
せっかくの土壁を壊すなんて、もったいない!!

土壁を壊す前に、ぜひ、菅野企画設計にご連絡ください。
詳細な現況調査に基づき、その建物の特性に適した耐震設計が可能です。
もちろん工事費を低く抑えられるよう検討いたします。




お問合せ、お待ちしております!!

記事一覧