設計行脚設計行脚

2022.12.13

日本の『木』をふんだんに使い『和』を感じる家づくり(長岡)

2022.12.13

Category: 和風住宅

菅野企画設計は、日本の『木』をふんだんに使い『和』を感じる家づくりを得意としています。

そのいくつかをご紹介します。




木造2階建て、瓦葺き切妻屋根の下に、緩勾配の銅板一文字葺きの屋根を掛け廻した数寄屋風の佇まい。
瓦葺屋根の軒先には一文字軒瓦を使用し、高級感がありつつもスッキリとした外観をデザインしました。
さらに、妻飾り、破風板、木製戸袋、小庇そして瓦塀と『和』のテイストを品よく盛り込みました。

 



正面の地窓と障子からやさしい明かりが届く玄関。
ベンチには樺桜の一枚板を採用して、木のぬくもりを感じるインテリア。
 



グレーの珪藻土塗り壁と、ラグジュアリーな雰囲気のキッチンが印象的なLDK。
アメリカンブラックチェリーの無垢フローリングと、天井に張った桧板が不思議とマッチしています。
 



階段の手すりに、「桔梗」の透かし彫りを施した杉杢目板を嵌め込みました。
欄間に多い透かし彫りですが、手すりの板に施すことで、階段室が一気に『和』のインテリアに。
 
こんな具合に・・・
無垢の『木』や『和』の素材をポイントで使うと、とても魅力的なインテリアや外観になります。

菅野企画設計は、お客様の希望やお好みを叶える、素敵なアイディアをご提案をいたします。
 

記事一覧