設計行脚設計行脚

2017.2.1

和歌山県有田市、桧の香り溢れる和風二世帯住宅が完成!(伊藤知)

2017.2.1

Category: 和風住宅新築

和歌山県有田市に桧の香り溢れる平屋建ての二世帯住宅が完成しました。
お客様は60歳代の親夫婦と、30歳代のご夫婦です。
玄関は共有ですが、キッチンやお風呂は別々。
広い敷地を充分生かし、親世帯、子世帯それぞれにプライベートな庭、物干しスペースを確保しました。

お父様は、定期的に医療用吸入器を利用されています。
また、若いご夫婦には2人の子供がいますが、ご主人も奥様も仕事をお持ちです。
こんなご家族にとって、お互いの生活をサポートできるのは、二世帯住宅の大きなメリットです。



親夫婦のLDKは22帖の広さです。屋根の形状を利用した船底天井。
平屋建てだからこそ可能な高い天井です。



リビングに隣接した6帖の和室。障子の間から前庭の景色を楽しむことができます。


若いご夫婦のLDKはというと…、



写真は工事中のLDK。25帖に、パントリーや衣装部屋が隣接しています。
奥に見えるのは子供部屋です。
子どもが小さい間は、間仕切りを開け放して、広々使うことができます。

大きな空間ですが、高気密高断熱仕様なので、空調効率は抜群です。
部屋の中央には、床暖房を設置。冬は、空調機を使わないでも十分暖かいはずです。



完成したLDK。部屋の中央にはトップライトを設け、自然光も取り入れました。
これも平屋建てならではの工夫です。



キッチンからはリビング~子供部屋まで見渡すことができます。
調理の間も、小さい子供たちに目が届くので安心です。

視線をさえぎらないように、柱・耐力壁の位置を考えて設計しているとはいえ、ここまで開放的にできるのもまた、平屋建てならではの魅力です。

記事一覧