設計行脚設計行脚

2019.2.12

新築住宅、古民家再生の見積り依頼は一社のみ。競争見積りはいたしません(福田)

2019.2.12

Category: トピックス

名古屋市で木造平屋建て住宅を新築します。

「親戚に、“見積りは一社のみ”と言ったら、驚かれました。
車でも見積りをとって金額が合わなければ、他社の車を検討しますよね。
消費者感覚では、家も同様に、出てきた見積りの金額に折り合いがつかなければ、第二候補の工務店で見積りしようと考えているのですが…。」とお客様。

 

菅野企画設計では、
住宅新築と古民家再生については、その工事の内容やお客様との相性等を考え、信頼のおける工務店の中から一社を選び、ご紹介しています。




「でも、複数社の見積りを見てみないと、適正な工事費なのかどうかわからない」
そうおっしゃるお客様の気持ちは理解できます。

しかし、工務店の施工能力や現場監督の対応能力には大きな差があります。

特に、菅野企画設計に設計を依頼してくださるお客様は、
完成した住宅のデザイン性、居住性だけでなく、
現場の埃や近隣対策、施工に当たる職人や使用する建材の質、
工事中の変更に対するスピーディな対応
…などなど、お求めになるサービスの質が高いので、工事費の安さを優先すると、満足度の低い家づくりになってしまう危険性が高いのです。


お客様にご紹介する工務店は、さまざまな問題を乗り越えながら信頼関係を築いてきたと同時に、長い時間をかけて、顧客満足度の高い住宅を造る技術を共有してきた会社ばかりです。

とはいえ、菅野企画設計は工務店の見積書を鵜呑みにいたしません。
設計を進めながら、コンピューターソフトで建材の数量を拾い出し、過去の見積書から得た単価を使って工事費を積算しているので、明らかに高額な単価はもちろんのこと、過不足のある数量も見逃しません!


以上の事情を踏まえ、
ご紹介する工務店と弊社がチェックを終えた見積書は、菅野企画設計と同じように信頼していただきたいのです。
お客様との信頼関係は、工事を進める上で何よりも大切です。

 

さて、名古屋市の木造平屋建て住宅は、工務店から提出された見積書を只今精査中!
現在、見積り金額がお客様の予算をオーバーしているので、ご要望の優先順位を確かめながら調整していきます。

記事一覧