設計行脚設計行脚

2020.5.12

茨城県の真宗寺院はスカイプで打合せ。順調に本堂・客殿設計中(東松)

2020.5.12

Category: 本堂新築

茨城県の真宗寺院の本堂と客殿の設計を進めています。



昨年、木造の本堂と客殿のマスタープランを終え・・・新築工事に向けた設計が始まりました。

設計の打合せが3月に始まったばかりなのに・・・
新型コロナウイルスの影響で全国的な緊急事態宣言が発出され、打合せに行くことができません。

事務所からお寺へは、名古屋駅を経由して新幹線で東京駅へ、さらに乗り換えて最寄りの駅まで。
人が沢山集まるところばかりを通るわけですから「不要不急?」と考えるまでもなく、行けません。

そこで、スカイプで打合せを進めています。
「いざとなったらスカイプを使いましょう」
お互いに使ったことはありませんでしたが、事前に約束をしていたのです。


最初は少々手間取りましたが、繋がってしまえば問題なく・・・打合せは順調です。



事前にメールで打合せの資料を送ったうえで、約束した時間にPCに向かいます。

スカイプのビデオ会話機能を使えば、お互いの顔を見ながら話しができ、
モニターに図面を映しながらの打合せも可能です。

図面を拡大して説明できる点は、対面よりかえってわかりやすいかもしれません。

1時間半ほどの打合せですが、ペース配分が出来ていないのでしょうか?
しゃべり疲れて、小休止をしないと次の仕事に手が付きませんが・・・回数を重ねればきっと上手くなるはず。

打合せ自体はとても良い感じで進んでいるので、しばらくスカイプ利用になりそうです。

設計は8月の完了予定。2週間に1回程度の打合せを行いながら進めていきます。

記事一覧