設計行脚設計行脚

2020.11.17

CGパースの威力。お客様とのイメージ共有に欠かせません!(福田)

2020.11.17

Category: 和風住宅新築

設計の打ち合わせに欠かせないのが、図面。
私たち設計士は、2次元の設計図にすべてを表現します。

例えば、
間取りは、平面図
建物や部屋の高さは、断面図展開図(てんかいず:室内の立面を描いた図)
に記載します。



↑平面図


↑展開図
※一部寸法を消去しています。


しかし、これらの図面を見て、どんな空間が出来上がるのか?
お客様が理解するのは難しいと思います。

そこで、大活躍するのが、CGによるイメージパースです!


上記の平面図・展開図をパース化すると…、



↑CGイメージパース


「この窓をもっと大きくしたい」
「カウンター下に収納が欲しい」

お客様もスケール感を実感できるので、より詳細なご要望を伺うことができます。
また、お互いにはっきりとしたイメージを共有でき、『思っていたイメージと違う』を防ぐのにも役立ちます。


菅野企画設計では、設計を進めるに当たり、図面の他にパースも活用して打ち合わせを行います。
どうぞご安心ください。

記事一覧