設計行脚設計行脚

2016.7.29

名古屋市のお寺の客殿・庫裡新築 緑化工事の完了届を提出(大江)

2016.7.29

Category: 客殿・庫裡新築

名古屋市内で建て替え工事を進めていたお寺の客殿・庫裡が完成しました。

名古屋市では、都市緑地法により「緑地化地域制度」が定められ、一定規模以上の敷地に建物の新築や増築を行う場合は、規定面積以上の緑化が義務付けられています。

このお宅の敷地は、最高建蔽率が40%の地域で、面積が300㎡以上あるので、全体の20%を緑化しなければなりません。

建設会社から植栽工事が完了したとの連絡を受け、植松と現地調査に向かいました。
建築確認申請時に提出していた「緑化率適合証明書」と照らし合わせながら・・・その通りに施工されているかを確認。変更のあった箇所については、緑化面積や木の高さなどを測定していきました。



△芝生(砂で隠れていますが・・・)の面積を測定中


△樹高を測定中

事務所に戻り、調査結果をもとに緑化率を計算しました。

結果は、緑化率20%!
ぎりぎりの数値でしたが・・・無事「緑化施設工事完了確認証明通知書」を名古屋市から受けとることができました。

記事一覧