設計行脚設計行脚

2016.12.9

岐阜県瑞浪市の臨済宗 旭王寺 本堂新築。鉄骨の建て方中(伊藤知)

2016.12.9

Category: 本堂新築

岐阜県瑞浪市、臨済宗 旭王寺様の本堂・位牌堂新築工事が進んでいます。

本堂・位牌堂と大玄関・庫裡は二期に分けて建てられます。

本堂・位牌堂は、鉄骨造平屋建て(229㎡)で、来年7月完成の予定。その後、引き続き大玄関・庫裡を新築します。




工事会社は、競争見積もりの結果、岐阜県中津川市に本社を構える(株)中島工務店に決まりました。

中島工務店は自社内に、国よりMグレード認定を受けた鉄骨工場を持っています。

11月23日、工場へ行き、建設委員皆様の立ち合いのもと、鉄骨の製品検査を行いました。

製品検査では、使用する鋼材の品質をミルシートで確認した上で・・・

鉄骨ひとつひとつの寸法・形状を実測していきます。寸法の誤差も、許容範囲内であるかどうかも検査します。


 

同時に、溶接個所の目視検査、第三者機関による超音波探傷試験にも立会いました。

検査結果に問題はなく、工場の作業環境も良好でした。

「この目で見て安心しました。」

「頑丈な本堂になりそうですね。」と、建設委員の皆様も安心してくださった様子。


ほっと、一安心しました。  



現場では・・・
既に、杭工事・基礎工事が完了しています。

いよいよ、鉄骨の建て方が始まりました。

鉄骨がひとつひとつ組みあがり、大屋根の形が見えてきました。

軒の深い寄棟、瓦葺き屋根のデザインです。

「やっとここまで来ました」
住職が感慨深そうに、おっしゃいました。


 

11月29日、住職がお経を読み、清めの儀式が行われました。
(12月11日には、餅投げも予定されています。)

年内に屋根の下地まで完了させる予定です。

良い正月が迎えられるよう、これからも、気を引き締めて工事監理を行います。

   

記事一覧