設計日和 菅野企画設計の住まいのコラム

設計日和 菅野企画設計の住まいのコラム

和室のある和風住宅。床の間のある生活を楽しみませんか?(伊藤絵)

2017.04.18  Category: 知って得する和の技

最近は和室のない住宅が多数派になったようですが・・・
菅野企画設計では、和室のある住宅をたくさん設計しています。


和室につきものなのが床の間。
菅野企画設計では、いろいろな種類の床の間をデザインしています。

床の間は大きく「本床」と「略式床」に分かれます。
真・行・草でいえば、真が「本床」、行・草が「略式床」になります。

本床とは…
1.床柱
2.落し掛け
3.床框
4.床が畳敷きであること
4つの条件を全て満たしたものを「本床」と呼びます。




写真は、愛知県一宮市に完成した二世帯住宅の仏間です。
「本床」の場合、床柱には桧の角材を使うことが多く、こだわる方は四方柾目の銘木を使います。
格式を高くする場合は、床の畳表に龍びん、畳縁に紋縁を使います。

次に「略式床」の実例をご紹介しましょう。




写真は、岐阜県不破郡に完成した終の棲家、平屋建て住宅の玄関です。
床框の代わりに地板の木口を見せた「蹴込床」とよばれるデザインです。
床柱はコブシ、落とし掛けには変木を使って、遊び心溢れる床の間になりました。





写真は、神奈川県高座郡に完成したお寺の玄関取次の間です。
この部屋の床の間は、床框がなく、欅の地板敷き。落し掛けは塗り回しで仕上げました。
「洞床(ほらどこ)」と呼ばれるデザインです。
円形に塗りまわし、床柱側に格子を建て込みました。




写真は、和歌山県有田市に完成した和室二間続きの下段の間です。
上段には「本床」を設けたので、下段は「略式床」を設えました。
欅の蹴込板の上に、釣り鐘型の塗り回しです。
床内の腰壁に和紙を貼り、趣向を凝らしました。

こちらは「龕破床(がんわりどこ)」と呼ばれるデザインですが・・・
「洞床」との違いは、塗り回しの袖壁が両側についていることです。

菅野企画設計は和風住宅の設計が得意で、実績も豊富です。

家づくり相談会を実施中。
愛知県一宮市の本社へ足をお運びいただけば、HPでは公開していない実例写真や間取りもご覧いただけます。

また、関西から関東まで広いエリアで、設計及び工事監理を進めておりますので・・・
日程が調整できれば、こちらからお伺いすることも可能です。
お気軽にお電話ください。  0586-84-2003