完成ギャラリー

納骨堂、山門、鐘楼など納骨堂、山門、鐘楼など

浄土宗 照源寺茶所御堂新築

照源寺は桑名藩主、松平家の菩提寺として有名な古刹です。

山門を潜ると、歴史を重ねた松の大木に囲まれた石敷きの参道が本堂まで続いています。
また「松平定綱及び一統之墓所」には、藩主二十八基の墓石があります。

そんなお寺の住職からご相談を受けました。
「境内の空き地に、お寺をより魅力的にする伽藍を考えてください」

住職と意見が一致したのは、納骨堂と茶所新築のアイデアでした。

「せっかくお寺にいらっしゃっても、お墓参りして直ぐ帰ってしまう方が多いんです。
納骨堂の隣の茶所はとてもいいと思います」
  • ■三重県桑名市
  • ■鉄骨造平屋建て
  • ■床面積/約44.8㎡
  • ■2019年6月竣工
  • 手前が茶所御堂、奥が納骨堂です。茶所は、北と東の窓から境内の風景が楽しめるように配置しました。
  • 軒の出が1.5mの寄棟屋根のイブシ瓦葺きです。鉄骨造を採用し、軽快な和風をデザインしました。
  • 屋根の形状を利用した斜め天井で、最高高さは4.2mです。
  • 茶所は開放感あふれる27帖大のワンルームです。オープンカウンターの腰にはボーダータイルを張りました。
  • 机やカウンターには無垢のケヤキを使いました。東・北側の窓から境内の伽藍・緑が楽しめます。
  • 茶所にはお寺らしく仏様が祀られています。ペンダント照明は有松絞製、お寺からの支給品です。
  • テーブル、カウンターのケヤキは・・・本堂の床を張り替えた時に余った板を利用しました。
  • 山門を潜ると、歴史を重ねた緑の大木に囲まれた参道が本堂まで続きます。緑を楽しみながら、茶所でゆっくりはいかが?
  • 直径1m×長4mの柱状地盤改良を12本施工しました。
  • 地盤改良した上に、鉄筋コンクリート造の基礎を造りました。
  • JIS認定工場にて、鉄骨の製品検査を行い、超音波探傷試験を確認しました。
  • 納骨堂で上棟式が厳修された後、役員の皆様に鉄骨組みの様子を確認していただきました。
  • 本堂で納骨堂・茶所御堂新築の落慶法要が厳修されました。多くの檀家で本堂は満場になりました。

大きい写真にポインタをのせると白い矢印が出ます。クリックすると次の写真に移動できます。

小さい写真をクリックすると、該当写真が拡大写真として表記されます。

一覧に戻る