設計行脚設計行脚

2020.10.27

京都の浄土宗寺院で本堂の耐震診断、庫裡の改築。2度に分けて現況調査!(鈴木)

2020.10.27

Category: 耐震補強

京都府の浄土宗寺院から、本堂の耐震診断と庫裡改築工事のマスタープランを依頼されました。

現況調査は2回に分けて行いました。

1回目は9月、35°を超える猛暑日だったため、
小屋裏や床下の調査が行えなず・・・
10月に入って気温も下がってきたところで、再度お寺に伺いました。

 

調査は前嶋チームの4人で行いました。

前嶋と大江は、本堂の小屋裏と庫裡の床下
植松と私は、庫裡の小屋裏と本堂内部を担当しました。

「2階の屋根裏を子ども2人の個室にしたい」
9月に伺った時、住職夫妻から要望をお聞きしました。

しかし・・・


屋根裏は充分な広さがあるとはいえ、丸太梁や束で固められています。

どのような改築が可能なのか?
検討するためには、構造の調査が欠かせません。
防塵服をまとい、いざ開始!




気温が下がったとはいえ、小屋裏は予想以上の暑さでした。

戸惑いながらも、植松の手厚いフォローのおかげで、
5月の入社以来、初めての小屋裏調査をなんとか完了!

 

全員がすべての調査を終えた後、汗だくになった服を着替え・・・
後片付けと清掃を済ませ、午後5時、帰路につきました。


これでやっと、本堂の耐震診断、調査報告書の作成、そして庫裡改築工事の間取りの検討に入れます!

記事一覧