木のぬくもりと香りがあふれる和風住宅

犬山市 S様邸
■木造2階建て
■延床面積/215.11㎡(約65坪)
お客様は50歳代のご夫婦です。「息子が結婚することになったので、今まで住んでいた家は若夫婦に譲り、私たちは隠居所を新築して、そちらに移ろうと思っています。」隠居所とはいえ、年頃の娘さんも2人の部屋も必要とのこと。「私たちと娘たちのライフスタイルは違うけれども、お互いのプライバシーは保ちながら、家族が自然とリビングに集まるような。孫ができたら、一緒に過ごせるような配慮もしてほしいです。」と、設計を依頼されました。
設計中や工事中の詳しいエピソードは「特集ページ」でご紹介しています。
 

お客様は50歳代のご夫婦です。「息子が結婚することになったので、今まで住んでいた家は若夫婦に譲り、私たちは隠居所を新築して、そちらに移ろうと思っています。」隠居所とはいえ、年頃の娘さんも2人の部屋も必要とのこと。「私たちと娘たちのライフスタイルは違うけれども、お互いのプライバシーは保ちながら、家族が自然とリビングに集まるような。孫ができたら、一緒に過ごせるような配慮もしてほしいです。」と、設計を依頼されました。
設計中や工事中の詳しいエピソードは「特集ページ」でご紹介しています。
 
和風玄関。外壁の腰板は、杉の下見板貼り、軒天は杉上小節板貼りで仕上げました。
30帖のLDK。ダイニング部分は勾配天井に杉上小節板貼りとしました。南側に大きく取った窓から明かい光が注ぎます。
桧板貼引戸と格子戸は、玄関、階段、水回りに繋がっています。必ずリビングを通る間取りなので、家族とのコミュニケーションが自然に生まれます。
縁側に面した寝室。縁側との境に、開口部の大きな建具をデザイン。優しい光が寝室に届きます。床にはカバの無垢フローリングを使用しました。
縁側には物干しスペースを確保。雨の日でも安心です。物干し金物は取り外し可能です。
各居室には、南側の窓から明るい日が差し込みます。床にはカバの無垢フローリング材を使用しました。
入口横には「ちょいかけ」できるスペースを確保。各部屋のクローゼットには造り付けの引出しもデザインしました。

実績ギャラリー一覧へ