築83年、2階建て床面積76坪 母から娘へ、さらに孫へと受け継がれる家に

古民家再生

■木造2階建て■築年数/約83年
■延床面積/約250㎡(75坪)

「実家の菩提寺の耐震改修を設計されたと聞いて、お電話しました」
と、東京在住の女性から問合せの連絡が入りました。

ご実家の耐震改修を検討しはじめた矢先、耐震改修工事中の菩提寺より菅野企画設計の名前を聞いたとか。
なんともうれしいご縁をいただきました。


建物は、昭和12年築。
「町内で一番古かった建物はすでに解体されてしまって、本当に残念。二番目に古い我が家は何としても残したい」と、現在一人暮らしのお母様。

初めてお宅へ伺った際、建物の状態があまりに良いので、お母様が大事に住まわれている様子をうかがい知れました。

広い敷地の庭を持て余し、
「どこから手をつけてよいのかわからない」
とおっしゃるお客様に造園屋を紹介し、お庭も見事に生まれ変わりました。

■木造2階建て
■築年数/約83年
■延床面積/約250㎡(75坪)

悩んだ外壁ジョリパットの色は、奇をてらわず一番落ち着いた色味に。屋根瓦は土葺きから乾式に葺き替えました。 造園は、櫻井造園(愛知県稲沢市)。
踏み天井を一部解体し、2階へ上がる階段を新設しました。 「印象的な雰囲気でお客様をお迎えしたい!」というお客様のご要望にお応えして、色壁は、土壁漆喰屋おおた(愛知県一宮市)に依頼し「沖縄赤土」と「黒聚楽土」の土壁塗りに。ロートアイアン手摺もオーダーメードです。 床フローリングはナラ。
仏間は壁を塗り替え、照明器具も新調しました。
河合銘木(岐阜県岐阜市)で選んだセンの一枚板は長さ2.7m。 どこで採用したかと言うと…。
ダイニングテーブルの向こうに設けた書斎コーナーに一枚板を採用。PC作業やお子さんの勉強机としても使えます。銘木につきものの節穴はカリンで埋木をしました。 また、お客様こだわりのオープンキッチン。最新機器と古材が不思議とマッチしています。
子ども部屋は、屋根形状のまま勾配天井に。妻壁の柱や束をインテリアに活かし、古民家ならではの風情。 床フローリングはアカシア。
手洗いカウンターはトチの一枚板。杉の開き扉と相性抜群です。
屋根に厚さ80mmの断熱材を敷き込み小屋裏全体を包み込みました。さらに、小屋裏空間に熱気がこもらないよう、温度センサー付き換気扇を設置。快適性にもこだわった設計です。

実績ギャラリー一覧へ