設計行脚設計行脚

2017.3.24

古民家再生、気骨のある職人に感謝!(菅野)

2017.3.24

Category: 古民家再生

愛知県江南市で古民家の改修工事を進めています。

最近は、ハウスメーカーでも古民家再生を手がけるようですが・・・
施工を担当する職人たちには、新築工事とは比べ物にならないほど高い技術が求められます。

古い柱を取り替えたり、緩くなった仕口を締め直したり・・・
たとえ建ておこしを行っても、柱の倒れは完全には直りませんし曲がっている場合もあります。
新築に馴れた大工では、とても対処ができないので、古民家再生の施工ができる大工は数が限られます。

だから・・・壁で隠して、ところどころに古材を見せて、アンティークで素敵なインテリア!そんな、臭いものには蓋をする工事になりがちです。

古民家再生をお考えの方は、相談する相手を注意深く選ぶ必要があります。




このお宅では、土葺きだった瓦を乾式で葺き直しました。

下地を直したとはいえ、暴れているところがあったので・・・
「大丈夫?」屋根の上の職人に声をかけると、
「なんとかしなきゃ、いかんやろ!」





完成した屋根は・・・

この通り、さすが!
気骨のある職人に恵まれていることに感謝!です。

記事一覧